インベストメント鋳造鋳造所|砂型鋳造

ステンレス鋼鋳物、ねずみ鋳鉄鋳物、ダクタイル鋳鉄鋳物

ステンレス鋼CNC機械加工

ステンレス鋼のCNC機械加工部品は、液体環境および1200°F(650°C)未満の蒸気で使用すると耐食性があり、この温度以上で使用すると耐熱性があります。ニッケル基鋼またはステンレス鋼の基合金元素は、クロム(Cr)、ニッケル(Ni)、およびモリブデン(Mo)です。これらの3つの化学組成は、粒子構造と機械的特性を決定し、熱、摩耗、および腐食に対抗する能力に役立ちます。ステンレス鋼のCNC機械加工部品は、耐食性と耐熱性という独自の物理的特性により、幅広い用途、特に過酷な環境で人気があります。ステンレス鋼の機械加工部品の一般的な市場には、石油とガス、流体動力、輸送、油圧システム、食品産業、ハードウェアとロック、農業などがあります。